モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



あんこ椿第二回公演『あなたがわかったと言うまで』
anataga_omote.jpg anataga_ura.jpg
(画像をクリックすると拡大します)
作製年月:2006年2月
サイズ:ポストカードサイズ(A6)
クライアント:あんこ椿

演劇ユニット・あんこ椿から前回に続いて依頼をいただく。
今回はちゃんと先に台本をいただいて。押しかけものの
ブラックなシチュエーションコメディである。

クライアント側からは引き続いて、あまり芝居の
宣伝美術くさくない、街中のカフェなどに置いていて
しっくりくるデザインにすることをまず優先して欲しいと
いう要望が出された。

ただ、やっぱり脚本の持つ硬質でありながら生々しい
世界観はどうしても表現のうちに入れたくて、
じゃあ印象に合うテキスタイル(主に布・生地の分野で
用いられる文様・反復的デザイン)を引っ張ってこようと。

ネットやら京都市内のインテリアショップやらを
漁った結果、かなりシンプルなテキスタイルに
落ち着く。そこに台本の筋にも関係してくるが、
林檎とフルーツナイフのモチーフを掛け合わる
ことを思いつき、このようになった。

なんだかふんわりした色調なのだが、フルーツナイフが
なんともどぎつい印象をプラスしていて、いい具合の
悪さ、というか刺激感が出ているのではなかろうか。

あとからクライアントに指摘されて気付いたのだが、
林檎の赤が血を想起させる。思えば僕はこの色が
大好きだ。

あと、今回はコピーライトが賛否両論だったようで。
ちょっとあざとすぎたかもしれないなあ。

公演本番は2006年4月末。遊劇体の大熊ねこさんが
演出なさるということでそれがまず楽しみ。
そして前回からお世話になっている小泉佳也嬢と、
僕の学生劇団時代の後輩(実は年は同じ)の辻井直幸君が
出演している。楽しみである。
(2006.3.9)
スポンサーサイト


あんこ椿第一回公演『田中ひろ子は…』

20060301123013.jpg
anko_ura.jpg

2005年8月製作。ポストカードサイズ。



宣伝美術の場合、デザインにとりかかる前に台本、もしくは
それに準ずる資料が手渡されている場合と、そうでない
場合がある。

この場合は後者。タイトルぐらいは決めなければさすがに
デザインどころではないので聞いてみたら、作家のごまのはえ氏は
このようなタイトルになさったという。

『田中ひろ子はテーブルに水をたらし、そして左頬を水に浸した。』

くそ長い。

長いがイメージは広げやすいタイトルであった。
小難しいヨーロッパ、特にフランスあたりのの前衛映画みたいな
タイトルだなと感じた。

あとお芝居のテーマは「女」であること、
そして会場がお洒落なレストランであり、このフライヤーが
置かれるのも街中のデザイニングされた場所が多くなるとの
ことで、もうこれは芝居の宣伝美術っぽくないものを
あえて作ろうと思った。

これは僕なりの
フランス+脱芝居+フェミニン+ごまのはえという式の解だ。

ちなみにこの公演、モノクロで当日パンフレットも作成して
いるが、これは台本を知ってからのものなので、
モチーフは変えずに、台本どおりちょっとどぎつい印象のある
隠喩を加えたデザインにしたりしている。


演劇喫茶第四回公演『青空に金魚』



2004年7月に製作。B5サイズ。インクジェット出力(笑)。



手前味噌ながら僕が過去に企画した「演劇喫茶」なる
生駒の演劇イベントのチラシ。
ニットキャップシアターの朝倉詩・よこえとも子
(よこえは当時)と、ショウダウンの川渕(もちろん当時)が
出演。脚本は現・下鴨車窓の田辺剛さんの書き下ろしという、
京都でやったらちょっと面白かったんじゃないかという
企画だった。

そもそも印刷業者に回してちゃんとした
ビラとして発表する仕事ではなかったのだ。
予算が無くって、全部リソグラフ(輪転機)で白黒の
ビラを刷るつもりだった。

ところが、思ったよりも波線にのせたロゴがきれいに
できてしまい。じゃあ金魚も乗せてみよう、
『青空に金魚』という芝居だからやっぱり青空が
バックだなとトントン拍子でカラーのデータを
作ってしまった。印刷するアテもないのに。

無理矢理ポスター代わりに100枚程度をインクジェット
プリンタで刷ったが、シアン(青)の使いすぎで
新品のカラーインクがあっという間に空っぽに。

これじゃ業者に最初から出した方が良かったんじゃないか。
泣く泣くカラーインクをドボドボ使いながら家で
刷りまくっていた。六千円は使ったんじゃないか。
フライヤーサイズなら印刷業者でも一万円で刷ってくれるものを。
ちゃんと刷って残しておけばよかった。

演劇喫茶のロゴは今までリソグラフのみでチラシを
作製していた都合上、黒地に白抜きの椅子だったのだけど、
今見るとそれがとてもこのチラシに似合っていなくって、
そこも残念ではある。

でも、この『青空に金魚』のロゴは今でも好きだ。


Category



Calender

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。