モナムール京都
主に京都で活動する演劇人・川渕幸治郎の今を手前味噌でお届けする雑録ウェブログです。
イラストレーション:五藤七瑛(演劇集団Q)

Next Works

【出演・制作】
ピンク地底人プロデュース
『SALLY SINAMON』
作・演出:林家蔵之介(ピンク地底人3号)
2008年1月11日(金)~13日(日)
京都市東山青少年活動センター創造活動室

2007年春に引き続いてピンク地底人プロデュースに出演します。ここの作家・林家くんはこの一年で、僕がイチオシする作家さんです。また一緒にできるのは嬉しいことです。



Profile

川渕幸治郎

Author:川渕幸治郎
京都にてフリーの役者として活動。WEBデザイン・グラフィックデザインも手がける。
下のコンテンツは一部準備中です。少々お待ちください。



詳しいプロフィール紹介。
ご依頼の要綱もこちらに。
3/9更新!


生い立ち及び芝居歴。
準備中。


デザイン関連の作品集。
第三回アップ。


ご連絡はこちらに。
(メーラーが起動します。
ご注意ください)



Recent Entry



Recent Comment



Recent Trackback



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



タイタス稽古合流
近所の某大学の一角にて、日々ゲリラ稽古の予定。
初対面、かつ年上の方が多く緊張。

僕はセリフ自体は少ない役である。でも
セリフの数に一喜一憂しているわけではなく、
逆に舞台の上に立っているときの身体の
状態とか、そういうセリフの他のことに
集中できていい機会だと思っている。

演出サイドからの基本指令は
「一人で芝居をしないこと」。
これね、意外と難しいのですよ。
自分の芝居が凝り固まれば凝り固まるほどに。

そのためのワークショップ的な稽古に
時間の半分が使われる。

あ!友人である横江智子嬢と、ショウダウンの
梅澤諭史氏も出演しますぞ!

夏はプロレス、秋はシェイクスピア。

季節感があっていいもんだ。
スポンサーサイト


台本を離す
真夏の天候。ながらも梅雨は明けず。
セリフを今日中に覚えねばならず、半ば無理矢理に
読んで詰め込む。あとは実際にシーンを回して、
記憶に定着させねば。

まずは手から台本を離してみることが肝要だ。

一輪車の稽古のように、まずは無理があっても
離してみる。そこから見えてくるものは
無限にある。

8月10日には一通り自分のやることを
成立させて、チーム全体に寄与できる余裕を
作りたい。


芝居バトンらしい。
先日芝居人同士集まってフットサルをやったのだけど、
慣れないスポーツで打ち身と筋肉痛にまた悩まされている。
詳細は明日にでも書こうと思っているが。

さて、バトンを蜜比呂人くんからいただいた。
芝居バトン。いってみましょう。


Ⅰ ・ あなたの芸名を教えて下さい。

川渕幸治郎。本名。自分の名前は、結構好きだ。
学生劇団時代は先輩に「甘党よしお」と命名された。
しかし一年で本名に変えた。


Ⅱ ・ 一番印象に残っている出演作品・演出作品はなんですか?

なんだろう…。劇団ショウダウン『DEAD2』だろうか。或いは
中野劇団『ブルー』。

『DEAD2』は本当に泣いて笑った公演だったから。これが
あるから僕は今も舞台に立っているのだと思う。いろんな
出会いもあったし。

『ブルー』は全く僕にとって経験したことのない舞台となった。
笑いにうねる満員の客席。思い出すだに興奮する。


Ⅲ ・ あなたを一番成長させた作品はなんですか?(観賞作品含む)

2001年飛象社プロデュース『象が飛ぶ日』。自分の大根ぶりに
最もへこんだ作品。あれから僕は成長できているのだろうか。
はっきり言って自信がない。


Ⅳ ・ 自分はコメディ畑とシリアス畑、どちらだと思いますか?

未だに悩んでます。これ。人にはコメディー畑といわれることが
多いかな。そういう役を与えられることが圧倒的に多いし。


Ⅴ ・ あなたが 「 これが一番だ! 」 と思うプロの戯曲・アマチュアの戯曲を教えて下さい。

あくまで戯曲的には、とお断りをつけて。
一番は判断しづらいので好きなものを列挙します。

三谷幸喜『笑の大学』。ごまのはえ(KCT)『愛のテール』。
大内卓(劇団飛び道具)『冥王星の友人』。
たみお(ユリイカ百貨店)『ナイトライダー』。
吾郷賢(WANDERING PARTY)『二十一世紀旗手』。
あと中野守(中野劇団)の諸作品。



Ⅵ ・ あなたが一番好きな劇場はどこですか?

うーん。やっぱりART COMPLEX 1928だろうか。愛着がある。


Ⅶ ・ この人と共演したい!という役者さんはいますか?
( プロアマどちらでも可 )

先日から言ってるが広田ゆうみさん(小さなもう一つの場所)。
本当すげえのこの人。
WANDARING PARTYの高杉征司さん。第三劇場時代に一度共演した
けど、最近よく会うようになって、改めてまた一緒にやりたいと
思う。
あと蜜比呂人くんね。なんか落ち着いた舞台をやりたいなあ。
今度は。


Ⅷ ・ 芝居に関わる上で、自分の中での決め事はありますか?

あんまりない。ないからダメなんだろうか。そんな気もする。
ただ、今よりもっと仕事ととしての姿勢を持ってのぞめる
ようになりたい。目標だなこれ。


Ⅸ ・ 空欄 【 】 内を埋めて下さい。


あなた : 「 Aちゃんの衣装を持って来たよ!」

( 鞄から 【 】 を取り出して見せる )

少女A : 「 【  】!!」


回答

川渕 : 「 Aちゃんの衣装を持って来たよ!」

( 鞄から 【 Bのバラバラ死体 】 を取り出して見せる)

少女A : 「 【 うああああああああ 】 !! 」

エチュード力と趣味が垣間見える質問ですね。



Ⅹ : あなたの次回参加作品が決まっていたら教えて下さい。

笑の内閣『白いマットのジャングルに今日も嵐が吹き荒れる(仮)』
パープル・フィールド『タイタス・アンドロニカス』
以下、口約束。
劇団HOMURA旗揚げ公演
Rookie777『桜ジェット』(冬予定)

どうぞよろしく。


次は、共演中の嵯峨シモンさん。どうぞよろしく。


己を奮い立たせる文章
ちょっとボヤく。他人にというより自分に。

確実にいま、バイオリズム的にヤバい周期に入っている。
生活と副業に埋もれ(量的にというより質的に)、
本来頑張るべき芝居に力が注げていない。

客演で年長者だから、かえって稽古場で恥ずかしい思いを
するんだけど、もう情けないったらなく。

もちろん芝居が収入になっているわけじゃないし、
だから本業と呼ぶには抵抗があるんだけど、
やっぱり心のうちではコレを本業と位置付けないと
ダメだ。ならばこの現状をなんとかしなければ
ならないのだ。根性見せろオレ。

生活苦と芝居。今さら言うまでもない、
アマチュア芝居人の永遠のテーマです。


全身筋肉痛
去る28日、佛教大学にてプロレス研究会の皆さまに
プロレス稽古をつけていただく。

そう。次回出演作は笑の内閣サマ。平均年齢は
22歳というところか。若い。ほんと若い。
8月下旬に京大西部講堂にて公演します。

一年程前にショウダウンで共演した嵯峨シモン氏と
また共演。楽しみである。

さて、プロレスの稽古ということで、
アップはいつもより念入りに。ストレッチを15分、
腕立て2種に腹筋3種、背筋もこなして軽く汗をかく。

まずは受身の取り方から。なんたってケガをしないのが
第一である。

段階的に投げ技を教えていただく。
首投げからDDT、ブレーンバスター各種。
応用として人工衛星まで。

…楽しい。日没まで夢中で投げたり投げられたりを
繰り返す。投げるのも楽しいが、投げられるのも
非常に楽しい。ショウダウン時代に培った肉体が
役に立つ。少しプヨりかけていたところだが、
丁度良い機会である。

稽古後は牛乳と豆乳を併せ呑みしてたんぱく質を
摂り筋肉の成長を期待。

その後は閉店したファミリーマートの皆さまと朝まで
飲み会。5つは離れた若い人々と楽しく話せる
関係を築けたことに感動する。そんなことに感動できる
ようになってしまったことが、既に老けているのだ。

帰宅後爆睡。8時間後起床。
…起床しようとするが、身体が起き上がらない。
そう、前日に酷使した筋肉が一斉に悲鳴をあげているのだ。
両腕、胸、背中、首、腹、脚、全ての筋肉に
鈍くも強烈な痛みが走る。全く身体が起き上がらぬ。

ともかくもマッサージだと風呂に直行。
湯船の中で身体をもみほぐす。
風呂上りに体重計にのると、一日にして
体重が2.5kgも落ちている。すごいなプロレス。

今日で二日目だが一向に筋肉痛はおさまらず。
どうせなのでこの夏は頑張ってソフトマッチョを
目指します。


Category



Calender

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



Monthry Archive



Link

※マウスオンで説明表示



RSS Fead







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。